TOPIC
2017.05.23

海外で活躍する2人の日本人バーテンダーが、TC 7 Daysのために考案した2つのスペシャルカクテル!

シェフやパティシエの方に負けず劣らず、日本人のバーテンダーさんの中にも海外を舞台に活躍する方がいらっしゃいます。

で、そんな世界基準の2人の日本人バーテンダーが、TC 7 DaysのためにそれぞれFuturisticカクテルを考案してくれました。

1人目は、シンガポールを代表するバー「D.Bespoke」のオーナーバーテンダーである金高大輝さん。

数々のカクテルコンペティションで優勝・入賞歴を持つ金高さんがTC 7 Daysのためにつくってくれたカクテルは「Forest Blessing Flip」です。

2人目は、ドイツ・ミュンヘンにある1974年創業の「パッサーズ ニューヨーク バー」でバーマネージャーを務める那須貴光さん。

那須さんは、ドイツの伝統酒コルンを使って「Coln & Oil」というカクテルをつくってくれました。

金高さん、那須さんのカクテルが飲めるなんて、TC 7 Daysだけの特権です!

「Forest Blessing Flip」

ベースに使用したのは、大分のカボスやミント、瀬戸内のレモン、静岡の三ヶ日ミカン、四国の柚子など、日本の厳選されたボタニカル素材と日本伝統の麹の技を活かした和のスピリッツ「TUMUGI」。これに、なんと乾燥椎茸をインフュージョン(浸潤)することで“旨味”を引き出し、生クリームや卵黄でまろやかにまとめあげました。

「Forest Blessing Flip」はTC 7 Days期間中、恵比寿の「VinSanto」、赤坂見附の「Algernon Sinfonia」にてお楽しみいただけます。

dolce wine café VinSanto「ヴィンサント」(恵比寿)

bar Algernon Sinfonia「アルジャーノンシンフォニア」(赤坂見附)

【金高大輝さんプロフィール】

大学卒業後、銀座の有名店にて勤務。スコットランド、スペインアンダルシア、フランスノルマンディー、ガスコーニュ、キューバ、マルティニーク、プエルトリコなどで研修。ベネンシアドール、コルタドール、シガーマネージャー、高級茶藝師・高級品茶師など多くの資格を所持。

中国・北京に「GLENCLASSIC」を開店し、数々のBARアワードを獲得する。2014年、シンガポールに「D.Bespoke」を開店。

数々のカクテルコンペティションで審査員を務めるほか、有名シェフとのコラボやアパレルブランド、ミュージシャンや音響機器メーカー、音楽レーベルとのコラボレーションなど精力的に活躍中。

「Coln & Oil」

那須さんがベーススピリッツに選んだのは、"Münsterländer Koln Whisky"というドイツ北西部のミュンスターで蒸留されているコルンウィスキー。今、ドイツでもブームの兆しを見せるこのコルンウィスキーに、濃厚な甘味のあるエルダーフラワーのリキュール「St. Germain(サンジェルマン)」を合わせました。

さらに、オトナなアロマビター「Angostura Bitter」をほんの数滴ドロップ。シンプルでフレッシュさを感じさせながらも、オイリーかつ重層的な味わいのドイツらしい一杯に仕上げられています。

「Coln & Oil」はTC 7 Days期間中、恵比寿の「VinSanto」、赤坂見附の「Algernon Sinfonia」にてお楽しみいただけます。

dolce wine café VinSanto「ヴィンサント」(恵比寿)

bar Algernon Sinfonia「アルジャーノンシンフォニア」(赤坂見附)

【那須孝光さんプロフィール】

高校卒業後、アメリカへ渡りピッツバーグの大学でスモールマネジメントという、小規模ビジネスにおけるマネジメント&マーケティングを学ぶ。 卒業後はマンハッタンで就職が決まっていたものの、9.11を経て内定が取り消しとなって日本に帰国し、マネージャーとして某レストランの立ち上げ業務に携わる。

その後、EUという新天地での挑戦に魅力を感じ、渡独をした際に「パッサーズ ニューヨーク バー」と出会い、マネージャーとして入店。

最近では念願であったジャパン・ツアーを実現し、東京、大阪、名古屋でセミナーを実施するなど、バー文化普及にも精力的に携わる。

BACK